MENU

【給料安いくせに副業禁止!?】弁護士に聞いた解決策と、経営者の真意を徹底解説!

【給料安いくせに副業禁止!?】弁護士に聞いた解決策と、経営者の真意を徹底解説!

「給料安いくせに副業禁止!?」

「でも黙って副業して、本業がクビになるのは怖い」

と悩んでいませんか?

その悩み、私にも経験があります。

副業を始める時、私は黙って始めたので怖さもありました。

しかし今では「副業禁止」に対して、怖さなどはありません。

それは「副業禁止」に対する法律的な見解、経営者の本音を知ることができ、解決策を知ることができたからです。

そして、この解決策を実行することで、私は安心して副業をすることができ、月収5万円も達成しました。

この記事では、私が学んできた「副業禁止」に対する法律的な見解・経営者の本音を改めてインタビューして作成しています。

のぶ

この記事を読んでいただければ、副業禁止に対するモヤモヤがスッキリ解決しますから、ぜひ最後までお読みくださいね!

筆者の実績

  1. 副業歴3年以上 (2020年より副業開始)
  2. 副業月収5万円達成
  3. 副業ブログ歴1年以上、収益化も達成(2022年4月より運営)
  4. 副業Web制作で複数案件を納品済み
  5. Webマーケティングの法人案件を複数獲得
週5時間〜、フルリモートの案件も多数!

「副業したいかも」と思っている、あなたへ。

まずは副業サイトに登録して、案件を覗いてみてはいかがでしょうか?

そんな時は、登録者数業界No.1クラウドテックへの登録がおすすめ!

無料で登録できて、週5時間〜、フルリモートの案件も多数掲載!ライトに始めることが可能です!

目次

【給料安いくせに副業禁止!?】弁護士に聞いた解決策と、経営者の真意を徹底解説!

【給料安いくせに副業禁止!?】弁護士に聞いた解決策と、経営者の真意を徹底解説!

まず、この記事の結論からお話ししていきます。

さっさと結論だけ知りたい場合は、以下のみご確認ください。

弁護士に聞いた解決

  1. 黙って副業しても、即クビ(懲戒解雇)になるとは考えづらい
  2. 本業に「副業したいです」というのが無難な解決策

経営者の真意(中小・零細企業の経営者)

  1. 副業禁止にしている理由は「本業に集中してほしい」「健康管理義務」だから
  2. 従業員から「副業したい」と言われた場合、話は聞こうと思う
  3. 「給料上げて!」と要求されるくらいなら「副業OK」にするかも

筆者の経験談(副業歴3年以上)

  1. 年間20万円以内なら、確定申告は不要。まずは副業を始めるべき
  2. 中小零細企業なら「副業したい」と言えば、案外OKされる可能性が高い
  3. 副業OKと言われやすい仕事を選んでおく必要がある

まとめ

ここまでのお話しをまとめると、以下の通りです。

  1. 副業OKと言われやすい仕事の学習を始める。
  2. 実際に稼ぎ始めて、年間20万円以上稼げそうになったら、本業に「副業したいです」と仕事内容を伝える。
  3. 副業OKされたら、本業は続ける。
  4. 副業NGと言われたら、転職も視野に入れる。
のぶ

ザックリと本記事の解決策などを解説してきました。

より詳しく読みたい方は、以下の章からお読みください!

「給料安いくせに副業禁止」に悩むなら、さっさと副業を始めるべき4つの理由

「給料安いくせに副業禁止」に悩むなら、さっさと副業を始めるべき4つの理由

まず”給料安いくせに副業禁止”というジレンマに悩んでいるのであれば、副業開始を考慮してください。

この章では、その背後にある3つの主要な理由を詳しく解説します。

「給料安いくせに副業禁止」に悩むなら、さっさと副業を始めるべき4つの理由

  1. 副業がバレても、即クビにはならないから
  2. そもそも年間20万円以下の副業所得なら、バレる可能性は極めて低いから
  3. 給料が低い本業に、過度な忠誠は不要だから
  4. 実は会社に「副業したい」と言えば、許してもらえる可能性が高いか

それぞれ詳しくみていきましょう。

理由1|副業がバレても、即クビにはならないから

給料安いくせに副業禁止と悩むあなたは「もし副業が本業にバレた時、クビになるのでは?」と恐れているのではないでしょうか?

バレた時のリスクを考えると、どうしても身動きが取れなくなってしまいますよね。

でも安心してください。

仮に本業に副業がバレたとしても、即クビ(懲戒解雇)にはなりません。

※弁護士に確認済み。次の章で詳しく解説します。

したがって、まずは勇気を出して副業にチャレンジしてみましょう。

理由2|そもそも年間20万円以下の副業所得なら、バレる可能性は極めて低いから

年間20万円以下の副業所得であれば、税務上は雑所得として扱われ、税務署に申告の必要がないため本業にバレる可能性は極めて低いです。

元々、副業でバレる可能性があるとすれば「住民税の増加でバレる」「つい同僚に言ってしまった」が主な理由です。

年間20万円以下の副業所得なら「同僚に言わない」を徹底すれば、バレる可能性はほぼゼロでしょう。

理由3|給料が低い本業に、過度な忠誠は不要だから

おそらく、あなたは中小零細企業に勤めているのではないでしょうか?

本業は給料が安く、賃金上昇のテーブルは無い。

そんな環境なのではないでしょうか?

仮にそんな環境なら、過度に本業に縛られる必要はありません。

バレるリスクを恐れる気持ちも分かりますが、自分自身の生活を豊かにするため、勇気を持って副業に挑戦する価値は十分にあります。

理由4|実は会社に「副業したい」と言えば、許してもらえる可能性が高いから

就業規則に「副業禁止」と書かれていても、会社に相談して許可を得て副業することは可能です。

実際に私も本業に「副業したい」とお願いをして、許可をもらえました。

このように副業許可をしてもらえる可能性は、中小零細企業ほど高いと言えます。

この理由は「【経営者の本音と理由】給料安いくせに副業禁止にしている理由は?」の章で詳しく解説します。

まとめ|「給料安いくせに副業禁止」に悩むなら、さっさと副業を始めるべき4つの理由

この章では「給料安いくせに副業禁止」に悩むなら、さっさと副業を始めるべき4つの理由を解説してきました。

説明してきた通り、そもそも年間20万円以下の副業所得なら、副業バレは極めて低いです。

過度に怖がることなく、まずは副業を始めてみても良いのではないでしょうか?

のぶ

次の章では【給料安いくせに副業禁止!?】法律的な見解を、弁護士に聞いてみました!

ぜひ最後までお読みくださいね!

【給料安いくせに副業禁止の解決策】法律的な見解を、弁護士に聞いてみた!

【給料安いくせに副業禁止の解決策】法律的な見解を、弁護士に聞いてみた!

今回弁護士に、副業禁止と明記されている就業規則を元に「本業に申告せず、黙って副業するリスク」について聞きました。

弁護士の立場からの解説は、あなたにとって非常に参考になるアドバイスになるはずです。

意見を聞いた弁護士
エクリ総合法律事務所
https://ecrits-law.com/
髙橋 俊太弁護士

のぶ

「副業禁止」に悩むあなたも、本業の就業規則には以下のように書かれているのではないでしょうか?

この就業規則に対し、弁護士に「本業に申告せず、黙って副業するリスク」を聞きました。

【給料安いくせに副業禁止の解決策】法律的な見解を、弁護士に聞いてみた!

就業規則「許可無く他の会社等の業務に従事しない」とは副業禁止ですよね?

服務規律を拝見すると、副業については、原則禁止、例外許可というルールになっているように見受けられます。

個人事業主なら、副業OKなの?

個人事業であっても副業には該当し得ます。

副業がバレた時、即クビ(懲戒解雇)になるの?

仮に、許可を得ずに副業を開始したとしても、それだけで当然のように、懲戒解雇という最も重大な懲戒処分が許容されるというわけではありません。

懲戒処分には、その他に譴責・減給・出勤停止・降格などありますが、仮に懲戒処分がなされるとしても、どのような処分が相当かについては具体的事案によって異なります。

バレた時、処分が重くなる副業はありますか?

一般論としては、本業に明らかに支障をきたすかどうか、副業が本業との競合関係かどうか、本業の信用を失墜させる可能性があるかどうかなどが考慮要素となります。

これらの要素が使用者にとって負の方向を向いている程度等によって、相当とされる懲戒処分の内容・軽重が左右されることとなります。

本業に「副業したいです」と相談した方がいい?

副業を始めるのであれば、会社の許可を得てからなさるのが無難かと思います。

まとめ|【給料安いくせに副業禁止の解決策】法律的な見解を、弁護士に聞いてみた!

今回、高橋弁護士にお伺いするに「副業すると、即クビ(懲戒解雇)にはならない」「副業の内容が大切」「本業に『副業したい』と相談するべき」と、分かりました。

のぶ

それでは実際に本業へ「副業したいです」と伝えるには、どうするべきなのでしょうか?

次の章で詳しく解説していきます。

給料安いくせに副業禁止の会社に「副業したいです」と伝える時の4つのアドバイス

給料安いくせに副業禁止の会社に「副業したいです」と伝える時の4つのアドバイス

ここからは本業に「副業したいです」と伝える時の4つのアドバイスを解説していきます。

今回ご紹介する方法で、本業に直談判をすれば、副業許可を得られる可能性が上がるはずです。

給料安いくせに副業禁止の会社に「副業したいです」と伝える時の4つのアドバイス

  1. 「この仕事(本業)は続けたい」と伝える
  2. 「副業しないと生活できない」理由を説明する
  3. 「本業に支障のない範囲で副業したい」とお願いする
  4. 「本業は今まで以上に頑張り続ける」と伝える

それぞれ詳しくみていきましょう。

1|「この仕事(本業)は続けたい」と伝える

最初に、本業に対する熱意や忠誠心をしっかりと伝えましょう。

「この仕事は続けたいし、会社の成長に貢献したい」と明言することで、上司も副業に対して開かれた態度を取る可能性が高まります。

2|「副業しないと生活できない」理由を説明する

「副業をしないと生計が成り立たない」という状況をしっかりと示す必要があります。

具体的な数字で、毎月の収入と支出を一覧表にまとめ、それをプレゼンテーションとして用意すると良いでしょう。

3|「本業に支障のない範囲で副業したい」とお願いする

副業が本業に悪影響を与えないようにする計画を明確に伝えることが重要です。

具体的な副業の種類や、そのスケジュール、および本業とのバランスを保つ方法についても言及しましょう。

4|「本業は今まで以上に頑張り続ける」と伝える

最後に「副業を始めても、本業に対する熱意は失われない。むしろ新しいスキルや視点を持ち帰って、本業でも成果を上げる」と強調してください。

まとめ|給料安いくせに副業禁止の会社に「副業したいです」と伝える時の4つのアドバイス

この章で伝えた4つのポイントを、きちんと伝えることで、上司や会社が副業を許可する可能性が高まります。

注意点として、すべてを一度の会話で伝える必要はありません。

最適なタイミングや状況に応じて、これらのポイントを分けて伝えることも考慮に入れてください。

のぶ

次の章では、なぜ多くの雇い主が副業を禁止しているのかについて詳しく解説します。

ぜひ、続きもお読みください!

【経営者の本音と理由】給料安いくせに副業禁止にしている理由は?

【経営者の本音と理由】給料安いくせに副業禁止にしている理由は?

ここからは経営者が給料安いくせに副業禁止にしている理由を解説していきます。

今回この章を作成するにあたって、実際に中小零細企業を経営している経営者にヒアリングをおこないました。

会社名は伏せているものの、かなりリアルな声を聞けます。

経営者目線の考え方を知ることにより、あなたの副業に対する考え方・身の振り方の参考になるはずです。

今回話を聞いた経営者

社 名:どの企業も社名は掲載不可
社員数:5〜20名程度の会社

【経営者の本音と理由】給料安いくせに副業禁止にしている理由は?

給料安いくせに副業禁止にしている理由は?

給料については、毎年改定される最低賃金以上は支払っているから問題ないでしょう。

昨今は原材料費の高騰で利益圧迫していて、経営状況は厳しい。

その上で給料も上げていくのは、辛いですよ。
※副業禁止にしている理由は次の項目で説明

副業禁止にしている理由は、従業員に本業に集中して欲しいから

副業禁止にしている理由は、従業員が本業に集中するためです。

副業を解禁してしまうと、従業員は固定報酬の本業を疎かにする可能性があります。

経営者としても毎月の給料・社会保障費など諸経費を支払っているため、副業などはせず、本業に集中してほしい。

これが本音です。

従業員への安全配慮義務があるから

経営者には従業員が安全かつ健康に労働できるようにするため、従業員の安全に配慮する義務があります。

2008年に施行された労働契約法第5条に「安全配慮義務」が明文化されました。

従業員が副業をしてしまうと、就業時間外の体を休める時間に、副業をしてしまい、体調を崩しかねないと考えています。

したがって、弊社では原則として副業禁止をお願いしています。

情報漏洩のリスクがあるから

従業員が副業をすると、本業のノウハウ流出・情報漏洩のリスクが高まります。

本業ではコンプライアンスを遵守し管理していますが、従業員が副業をしてしまうと、管理しきれません。

一度情報漏洩すると、多額の損害賠償に発展する可能性もあります。

このようなリスクも考え、従業員には副業禁止をお願いしています。

就業規則の更新時に従業員から「副業解禁」の意見が出ていない

2〜3年に一度は就業規則を見直しますが、従業員から「副業解禁してほしい」と要望はきていないので、副業禁止のままにしています。

<就業規則 更新スキーム>

  1. 労働者代表の意見を聴き、改定案を作成
  2. 就業規則・就業規則変更届・意見書を作成
  3. 労働基準監督署へ就業規則・就業規則変更届・意見書を提出
  4. 労働者へ周知

「1労働者代表の意見を聴き、改定案を作成」の時に「副業解禁」の意見がない限り、会社としては副業解禁はしない。

また意見があっても、会社運営の都合上、副業禁止をすることもできます。

まとめ|【経営者の本音と理由】給料安いくせに副業禁止にしている理由は?

いかがですか?

経営者としての意見も知ることにより「副業禁止」にしている理由も理解できますよね。

ただ、だからといって、あなたが給料やすいまま我慢して生活していく必要なんてありません。

のぶ

次の章では、私が経営者に「従業員から『副業したいです』と言われたら、どうします?」と質問した回答を紹介しています。

ぜひ、続きもお読みください!

【経営者の本音を聞いた】「副業したい」と言われたら、どう対応する?

【経営者の本音を聞いた】「副業したい」と言われたら、どう対応する?

この章では、私が経営者に「従業員から『副業したい』と言われたら、どう対応するのか?」と聞いた話をシェアします。

経営者からは普段聞けないような話ですから、しっかりとチェックしてみてくださいね。

【経営者の本音を聞いた】「副業したい」と言われたら、どう対応する?

従業員から副業したい!と言われたどうします?

従業員から「副業したい」と言われたら、まずはその理由を聞きます。

弊社の場合、就業規則では「許可無く他の会社等の業務に従事しないこと」つまり他の会社等で許可なく働いちゃダメって書いてあるんですよ。

ですから、その理由を聞いた上で、許可するべきか否かは、社内外の専門家に相談します。

最後はその人の働きぶりを総合的に考慮して判断します。

人員不足で離職が怖い

正直な話「副業はダメ」と突き放すのも怖いです。

人手不足が深刻で、いい人が辞めちゃうのは困るんですよ。

新しい人を採るのもコストがかかるし、すぐには戦力にならない。

これは経営者としての悩み(弱み)だと自覚しています。

「副業禁止なら。給料を上げて!」と言われたら?

「副業がダメなら給料上げて」と言われるのも厳しい。

最低賃金も上がっていくし、物価も上昇中。

なかなか給料を上げられない現実があります。

また給料を1人だけ上げる訳にもいきませんから。

ベア(ベースアップの略で、基本給の水準を一律に引き上げること)するなら、副業OKにしてしまうかも。

結論:副業に対する対応は?

総じて、副業を希望する従業員がいれば、許可するかどうかはしっかりと考えます。

断ったとしても、その話が社内で広まるとモチベーションが下がる可能性もあるからです。

副業を許可する企業も増えていますし、無条件で断る大きな理由はないでしょう。

実際に副業許可した事例、許可しなかった事例

私(のぶ)がヒアリングする中で、実際に今まで副業を許可した会社もいくつかありました。

その中で具体的な副業許可の事例と許可しなかった事例が明らかになりましたので、参考程度にご覧ください。

許可した副業

経営者にきいたところ副業を許可した内容・理由は以下の通りでした。

副業内容許可した理由
PC1台で稼げるような、本業と関わりない副業Web制作・動画編集などPC1台で稼ぐような、副業はOKしました。
コンビニバイトの兼業のような仕事とは違うので、情報漏洩リスク・健康管理的にも問題ないと判断しました。
クラブチームのコーチ業地域の子供たちに教える仕事だったので、特に問題なく許可しました。
入社前から副業していた中途採用の方で、入社前から個人事業主として活動していました。
副業が本業に影響しない約束をした上で、採用しました。

許可しなかった副業

経営者にきいたところ以下のような副業は許可をしなかったとのことです。

副業内容許可した理由
Wワーク“終業後に近所のコンビニでバイトしたい”との要望がありましたが、従業員の健康管理を考慮し、許可を出さなかった。
会社の名誉・信用を傷つけるような副業夜の仕事やネットワークビジネスをしていると聞き、そのような活動は会社のイメージに悪影響を及ぼす可能性があるため、従業員には厳重に注意しました。
その結果、従業員は自主退職を選びました。

まとめ|【経営者の本音を聞いた】「副業したい」と言われたら、どう対応する?

以上が私がヒアリングした経営者の本音です。

中小零細企業においては、従業員がきちんと「副業したい」と明確に言える場合、その業種が真っ当であれば許可される可能性はかなり高いです。

何かを隠すより、オープンに経営者とコミュニケーションを取ることが大切です。

勇気を出して、経営者に相談してみてはいかがでしょうか?

のぶ

次の章では本業から「バレても大丈夫な副業」「副業許可してもらいやすい副業」「バレた時に厳重処分される可能性が高い副業」をご紹介していきます。

ぜひ、続きもお読みください!

副業禁止の会社で、バレても大丈夫な副業3選

副業禁止の会社で、バレても大丈夫な副業3選

ここからは副業禁止の会社で、バレても大丈夫な副業を3つ紹介していきます。

この章で紹介する副業なら、仮にバレてもスルーされる可能性が高いでしょう。

1|ポイ活

ポイ活なら本業にバレたとしてもスルーされる可能性は高いと言えます。

現代なら誰でも何かしらのポイ活をしているため、バレたとしても特段注意もされないでしょう。

ポイ活とは?
ポイントを貯める活動のこと。
ポイントはクレジットカード利用時・ポイントカード利用時・ポイントサイト利用時などで貯まる。

おすすめサービス

ポイントサイトとしてはモッピー「ワラウ」などが有名です。

案件数も多く、ポイントも貯まりやすいです。

ポイントは現金還元も可能なのが嬉しいポイント。

無料で登録できるので、今日から稼ぎ始めることも可能です。

2|アンケートモニター

アンケートモニターも、会社にバレたとしてもスルーされる可能性は高いと言えます。

そもそもスマホ1台で稼げる副業でバレずらいですし、仮にバレたとしてもアンケートモニターを副業として認識される可能性も低いと言えるでしょう。

アンケートモニターとは?
アンケートサイトに登録をして、企業のアンケート依頼に回答する。時には会場に就業して、リアルでモニター調査することもある。

おすすめサービス

アンケートモニターで人気サイトはマクロミルです。

案件も豊富で、高い案件では2時間で8000ポイントもらえる時もあります。

3|飲食モニター

飲食モニターはバレても副業として認識されないでしょう。

なぜなら飲食モニターは収入があるものではなく、飲食・買い物がお得になるものだからです。

その代わり「料金100%還元」「利用額から50%還元(最大1,750円)」など、実質的な還元率はかなり高いと言えます。

飲食モニターとは?
登録したら覆面調査として飲食・美容・ショッピングに行き、レビューなど感想を報告します。
案件によって報酬は異なりますが、還元率が高く人気の副業です。

おすすめサービス

覆面調査ならファンくるがおすすめです。

案件数が多く、還元率も高いのが特徴です。

チェーン店が登録している場合も多いので、あなたの近くのお店が対象になっている場合も多いでしょう。

まとめ

ここまで「副業禁止の会社で、バレても大丈夫な副業3選」を紹介してきました。

ここで紹介した副業なら、本業にバレてもスルーされる可能性が高いです。

今日から始められる副業ばかりなので、早速ここで登録してみましょう。

副業禁止の会社で、バレても大丈夫な副業3選

  1. ポイ活
    モッピー「ワラウ」
  2. アンケートモニター
    マクロミル
  3. 飲食モニター
    ファンくる
のぶ

次の章では「副業禁止の会社で、バレ時に許してもらいやすい副業3選」を解説していきますね!

副業許可してもらいやすい副業3選

副業許可してもらいやすい副業3選

ここからは「副業禁止の会社で、バレ時に許してもらいやすい副業3選」を解説していきます。

副業には様々な種類があるものの、これから副業を始めた場合、仮に本業にバレても「注意レベル」で許可される可能性が高いです。

のぶ

また前の章で紹介したっ本業に「副業したいです」とお願いする場合も、今回紹介する副業なら許可を得やすいでしょう!

3つ紹介しますので、ぜひ検討してみてください!

1|Web制作

1|Web制作

Web制作とは、主にホームページやランディングページ(LP)の制作案件を受注し、作成を行う仕事です。

クラウドソーシングサイトには多くのWeb制作案件が掲載されており、高い需要があります

 月15,000円まで
の案件数
1件単価:30,000円〜200,000円
月1本Web制作の案件獲得できれば、達成できる。
達成までの期間6ヶ月〜1年程度
メリット難しいコードを書かなくても比較的収益化しやすい
案件が多数あるので、受注もしやすい
デメリット案件も多いが、競合も多い
デザインスキルも学ぶ必要がある

おすすめスクール|テックアカデミー『はじめての副業コース』

おすすめスクール|テックアカデミー『はじめての副業コース』

Web制作で稼ぐなら、テックアカデミー『はじめての副業コース』がおすすめです。

はじめての副業コース』に入会すれば、スクールのバックアップの元、必ず副業案件をGETすることができます。

案件獲得〜納品まで、スクール側が完全バックアップしてくれるので、安心して副業に取り組むことができます。

なおテックアカデミー『はじめての副業コース』については以下の記事『【2023最新】テックアカデミー『はじめての副業コース』評判・口コミを徹底解説!』にて詳しく解説しています。少しでもWeb制作に興味ある方は確認してみてください。

動画編集

動画編集

動画編集とは、動画素材を編集したり、テロップや字幕を挿入したりする仕事です。

近年、YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームが急速に成長しているため、動画編集は高い需要を持つスキルと言えます。

月15,000円まで
の案件数
1件単価:5,000円〜10,000円
月2〜3本、動画編集の案件獲得できれば、達成できる。
達成までの期間3ヶ月〜6ヶ月程度
メリット動画編集の需要が伸びているので、収益化しやすい
簡単な作業でも、収益化しやすい
デメリットある程度スペックの高いPCが必要
編集ソフトの月額費用が発生する

おすすめスクール『ムークリ』

おすすめスクール『ムークリ』

動画編集を学習するなら『ムークリ』をおすすめします。

ムークリに入会すれば、未経験者でもたった4ヶ月でプロ級の動画編集スキルを習得することができます。

また副業サポートも充実しています。

動画編集の副業案件を必ずGETできるよう、スクールが全面バックアップしてくれます。

もちろん制作過程で不明な点が出てきた時も、しっかりサポートしてくれますよ。

なお卒業後もムークリからの動画編集の案件を紹介してくれます。嬉しいですよね!

なお動画編集スクール『ムークリ』については以下の記事『【2023最新】MOOCRES(ムークリ)人気の動画編集スクールの評判を徹底解説』にて詳しく解説しています。

少しでも動画編集に興味ある方は確認してみてください。

ブログ・アフィリエイト

ブログ

「ブログ・アフィリエイト」とは、自身が運営するブログにアフィリエイト広告)を掲載し、その広告を通じて商品やサービスが購入されることで報酬を得る仕事です。

収益化には半年〜1年ほどの準備期間が必要ですが、一度ブログが収益を生み出し始めると、自動的に収入が発生します。

ストック型の仕事として人気があります。

月15,000円まで
の案件数
アフィエリエイト案件1件:5,000円〜10,000円
月2〜3本成約すれば達成できる。
達成までの期間6ヶ月〜1年程度
メリット好きな時間・場所で、自分のペースで運営できる!
ストック型収入で、収入の半自動化も可能
デメリット稼ぐまでに半年〜1年程度かかる

稼げずに挫折する人も多い

おすすめスクール『Withマーケ』

おすすめスクール『Withマーケ』

ブログ(アフィリエイト)を学習するなら『Withマーケ』をおすすめします。

ブログ月収5万円への、具体的な道のりを学習することができますよ!

なお「まずは、自分一人でブログを始めようかな?」と思った方は、以下の記事『【初心者向け!】副業ブログの始め方ロードマップと月5万円収益化の具体策』を確認してみてください。

最後に副業についてよくある質問について、解説していきます!

のぶ

次の章では、副業禁止の会社で、バレた時に厳重処分される可能性が高い副業3選を紹介していきます!

副業禁止の会社で、バレた時に厳重処分される可能性が高い副業3選

副業禁止の会社で、バレた時に厳重処分される可能性が高い副業3選

ここからは副業禁止の会社で、副業がバレた時に厳重注意される副業を3つ紹介します。

今回ご紹介する副業は、絶対手を出さないでください。

副業禁止の会社で、バレた時に厳重処分される可能性が高い副業3選

  1. チャットレディ
  2. ネットワークビジネス
  3. 悪質転売

それぞれ詳しくみていきましょう。

1|チャットレディ

1|チャットレディ

チャットレディは登録した女性会員が1人or複数の男性とオンライン上で会話する仕事です。

顧客とテキストやビデオチャットを通じてコミュニケーションを取り、時間またはチャットの内容に応じて報酬を得ます。

オススメしない理由

  1. アダルト系の配信のイメージがあり、バレた時の心象が悪いから
  2. 就業規則の「会社の名誉又は信用を傷つける行為」にあたる可能性があるから
  3. バレた時「他の社員の風紀を乱す」として思い処分を下される可能性があるから

チャットレディは月10万円程度は即稼ぐことができますが、その分リスクは高いと言えます。

業界としては「エンジェルライブリクルート」や「ライバーサポートグループ」が有名ですが、副業バレる可能性があるので、おすすめはできません。

2|ネットワークビジネス|マルチ商法

2|ネットワークビジネス|マルチ商法

ネットワークビジネスは、個人が製品を直接消費者に販売し、さらに新たな販売員を勧誘するビジネスモデルです。

販売員は自分が直接販売した製品から利益を得るとともに、自分が勧誘した他の販売員が販売した製品からも一部の利益を得ます。

オススメしない理由

  1. バレた時に本業から厳重注意をされる可能性があるから
  2. 同僚との人間関係が崩壊する可能性があるから
  3. そもそも稼げないから

副業をする場合、ネットワークビジネスは手を出すべきではありません。

本業にバレた時の心象は悪く、同僚からも「関わりたくない」と嫌がられるでしょう。

また結局稼げずに終わるケースが多いのも現実です。

ネットワークビジネスには手を出さないようにしましょう。

3|悪質転売|チケット不正転売

3|悪質転売|チケット不正転売

人気イベントやコンサートなどの入場チケットを、正規の販売価格よりも高額で転売する行為です。

そもそもチケット不正転売は法律違反であり、発覚すれば1年以下の懲役か100万円以下の罰金、もしくはその両方を科される可能性があります。

オススメしない理由

  1. そもそも犯罪であり、逮捕される可能性があるから
  2. 就業規則の「会社の名誉又は信用を傷つける行為」にあたる行為だから

犯罪行為にあたるチケット不正転売ですが、近年増加傾向にあります。

「バレない」と思って、軽い気持ちで転売してはいけません。

警察・イベント運営元も目を光らせていますから、バレた場合は就業規則違反どころの話ではなくなります。

まとめ

この章でご紹介した3つの副業の他にも、怪しい副業には絶対手を出してはいけません。

詐欺被害にあったり、犯罪行為に巻き込まれたりします。

また本業にバレた時は厳重処分を下される可能性が高いでしょう。

なお怪しい副業については以下の記事『【危険!!】怪しい副業やってみた結果…悲惨な末路と詐欺の見分け方』でも詳しく解説しています。

のぶ

ここまで読んで「やっぱり会社に言うのは怖い」「まずは黙って始めてみたい」と考える方も多いでしょう。

そんな方々のために、次の章では3年以上副業を続けてきた僕自身の「バレない副業対策」を紹介します!

【経験談】3年以上の副業を継続している僕のバレない副業対策

【経験談】3年以上の副業を継続している僕のバレない副業対策

ここからは3年以上の副業を継続している僕が実践していた「バレない対策」を解説していきます。

正直なところ、今から説明する方法を実施すれば限りなく100%に近い確率で副業はバレません。

一つ一つ丁寧に解説していきますね!

副業していることを、同僚に言わないようにする

同僚に副業について話すことは避けましょう。

というのも、情報が漏れる最も一般的なケースは「同僚からのリーク」です。

信用している同僚であっても、副業をしている事実は言わないようにしました。

なお私の場合は、学生時代からの友人にも言っていません。

妻にだけ「副業している」と言っていました。

SNSで顔出して「副業で稼いでいます!」と発信をしない

SNSで顔を出して「副業で稼いでいます!」と発信するのをやめました。

というのも私の友人で、X(旧Twitter)で顔出し&副業関連の発信をしていたところ、本業に副業バレしていました。

この経験から、SNSで顔を出して「副業で稼いでいます!」と発信するのをやめました。

住民税を「普通徴収」にする

副業による収益を職場に知られたくない場合は、確定申告時に「住民税に関する事項」で「普通徴収」を選びます。

これによって住民税の通知が直接自宅に送られます。

念のため、この設定が正確に行われているか、役所に確認を取ることもありました。

ふるさと納税は利用しない

ふるさと納税も控えました。

理由は副業で生じる住民税を普通徴収にしていても、ふるさと納税をしていると勤務先に副業がばれやすくなる可能性があるからです。

本記事では詳しく書きませんが、副業を隠したい場合はふるさと納税を控えることをおすすめします。

もしあなたが既婚者の場合で、妻が扶養に入っていないなら、妻名義でふるさと納税するのが良いでしょう。

まとめ|【経験談】3年以上の副業を継続している僕のバレない副業対策

以上が、副業がばれにくい対策です。ただし、これらの方法も100%安全とは言えませんし、企業の方針や法律によっては適用できない場合もありますので、十分に注意が必要です。

さらに、友人で人事に携わっている方によれば、「従業員の住民税が上がったと気づくことは少ない」とのことでした。

ですが、これも一例ですので、一概には言えません。

のぶ

次の章では、万が一副業がバレたときの対処法について解説します!

給料安いくせに副業禁止の会社で副業がバレた時の対応方法

給料安いくせに副業禁止の会社で副業がバレた時の対応方法

ここからは「給料安いくせに副業禁止の会社で副業がバレた時の対応方法」を解説していきます。

仮にバレてしまった場合は、この方法を実践してみてください。

ギャンブルで稼いだことにする

もし人事から「住民税が多く、副業しているのではないか?」と怪しまれた場合は、ギャンブルで稼いで確定申告したことにしましょう。

私の場合は「300万円くらい稼いでしまった」と、自分の住民税に応じたギャンブルで金額を決めていました。

「副業OKだと勘違いしていました!」と謝る

同僚などのリークにより副業バレした時は「副業OKだと勘違いしていました!」と謝りましょう。

人は誰でも間違いをするものですから、しっかり謝れば許してもらえる可能性は高いです。

「副業をやめなさい」と言われたら「給料が足りなくて」と給料交渉する

バレた上で本業より「副業をやめなさい」と命令されたら「給料が足りなくて」と給料交渉しましょう。

この交渉で給料が上がる可能性は低いですが、論点が「給料が安い」に移ることで、あなたの落ち度も紛れます。

「副業禁止で、給料上がらず」なら、転職も視野に入れる

最終的に「副業禁止で、給料上がらず」なら、転職も視野に入れましょう。

そもそも副業解禁している会社に転職することで、コソコソ副業する必要もなくなります。

また会社側に転職をチラつかせることで、就業規則の変更にも繋がるかもしれません。

バレた時にも、許してもらいやすい副業を選んでおく

副業バレした時、許してもらいやすい複勝を選んでおくことも重要です。

一般的に「水商売系(ホスト・キャバクラ・チャットレディなど)」「ネットワークビジネス(マルチ商法)」などは嫌われる傾向にありますから、選ばないようにしましょう。

まとめ|給料安いくせに副業禁止の会社で副業がバレた時の対応方法

ここまで「給料安いくせに副業禁止の会社で副業がバレた時の対応方法」を解説してきました。

副業を黙って始める場合は、必ずバレた時の対応方法も考えておきましょうね。

のぶ

最後の章では「副業についてのよくある質問」を解説していきます!

副業についてのよくある質問

副業についてのよくある質問

ここからは、副業についてよくある質問を解説していきます。

この章を読むことで、副業に関しての細々した疑問が解決できますよ。

何で給料安いくせに副業禁止なの?

本業に集中してもらうため、健康管理のためです。

特に健康管理は本業の義務として認識されています。

副業禁止自体は、別に嫌がらせしようとしている訳ではないと認識すべきです。

会社に「副業したいです」と直接交渉なんて、できるの?

できます。中小零細企業ほど、交渉しやすいと言えるでしょう。

経営者の話からも分かる通り、案外ハードルは低いのが実情です。

経営者も「給料上げるくらいなら、副業許可しようかな?」と検討するでしょう。

交渉して「副業だめ!」と言われたらどうするの?

副業OKな会社に転職を視野に入れましょう。

ただ、まずは現職場で働きつつ、年間20万円以下の範囲で自分で稼いでみることをおすすめします。

副業が合わない人もいるので、自分の適性を判断してみてください。

スキルが何もない自分でも稼げる?

はい、特別なスキルがない場合でも稼ぐ方法はあります。

例えば、データ入力やアンケートに回答する、シンプルな作業の仕事などが考えられます。

ただし、先程ご紹介したような専門的なスキル(Web制作・動画編集・ブログなど)を持つことによって、より高額な報酬を得る可能性も高まります。

副業して、人生変わった?

人によりますが、副業によって収入が増え、生活が豊かになる人も多いです。

少なくとも私は人生が変わった感覚があります。

一方で、本業が疎かになる、ストレスが増えるなど、副業にはデメリットも存在します。

要は、バランスをどう取るかが重要です。

副業時間の確保って、どうしている?

多くの人は週末や平日の夜に副業を行います。

効率よく時間を使い、本業や家庭とのバランスを取るためには、タスク管理や時間管理のスキルが求められます。

なお私の場合は朝活をして、副業時間を確保しています。

以下の記事『【レッツ朝活サロンの評判は?】2年在籍している僕が、朝活オンラインサロンを解説!』にて詳しく解説しています。

住民税を普通徴収にすると、絶対バレない?

住民税を普通徴収にしても、役所側のケアレスミスで本業に住民税請求がいく場合があります。

住民税を普通徴収にした上で、役所に電話して確認することをおすすめします。

副業するより、節約したほうがいい?

素晴らしい気付きです。稼ぐより節約したほうが、手っ取り早くお金を生み出すことができます。

携帯を格安スマホに変えたり、無駄な保険を解約したり、月1万円くらい節約できないか?検討してみてください。

ポイ活・アンケートモニターとかから始めてもOK?

はい、まず自分が始めやすい副業から始めることが大切です。

ポイ活・アンケート回答など、金額が少ないもののスマホ1台で稼げる副業はあります。

以下の記事『【超人気】テレビで紹介されたスマホ副業4選!失敗しない注意点も解説!』にて詳しく解説しています。

怪しい副業詐欺があると聞いた。注意すべき?

コロナ禍もあり、副業が注目されはじめたことにより、怪しい副業詐欺も増えてきました。

年々被害も増えていますから注意しましょう。

以下の記事で『【危険!!】怪しい副業やってみた結果…悲惨な末路と詐欺の見分け方』で詳しく解説しています。

まとめ

まとめ

この記事では「給料安いくせに副業禁止」のジレンマに焦点を当て、その出口戦略を法律家や経営者の視点から解説しました。

副業を始める4つの理由から、副業での法的・税務的な注意点、さらには本業での交渉方法まで多角的に考察してきました。

特に、副業を許可するか否かについての経営者の本音や、副業がばれた時の対処法、おすすめの副業など、実践的な情報を紹介してきました。

結論として、副業はリスクもありますが、計画的に行えば経済的自由やスキルアップにつながります。

法的・税務的リスクを回避する方法や、会社にばれにくい副業の選び方、さらには会社との良好な交渉方法も紹介していますから、何度も読み返してみてくださいね。

この記事が、副業に興味を持つが行動に移せないでいる多くの人々にとって、一歩踏み出す勇気と具体的な行動指針を提供できれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次